スポンサーリンク
スポンサーリンク
バックの中身

【2023年春版】ミニマリストのバックの中身

バックの中身
スポンサーリンク

バック・バックハンガー

バックはdripのFLOORPACK Flexを使っている。
背負った際に軽く感じられる2階建構造が特徴で、撥水性のある素材が使われた機能的なバックである。
全体的にブラック一色のロゴ等が無いシンプルデザインだが、丸み帯びた形状、真鍮の金具や牛革のストラップなどのアクセントがあり、オン・オフどちらでも使える。
バックの持ち手にはリング状のバックハンガーであるClipaを付けており、バックを吊るせるようにして、汚れから守っている。

レビューはこちらから!

財布・キーケース

財布はdripのPRESSoを使っている。
基本的な支払いをスマホ決済にした上で、必要最低限のカードやお札が入っている。
合わせてキーケースもdripのPRESSo Holderを使っている。
どちらも革の経年変化を楽しめる上、手のひらに収まるほどコンパクトであるため、収納場所を選ばない。

レビューはこちらから!

エコバック・折りたたみ傘

エコバックはless isの手ぶらエコバックを使っている。
和紙のような素材でできていて簡単に展開・折りたたみができるが、耐久性・耐水性に優れる。
バックの中身の一部だけを一時的に持ち運びたい時にも重宝している。
傘はG-ZEROのポケット傘を使っている。
展開・折りたたみしやすくて耐水性がある上で、重量が99gであるため、急な悪天候に備えて常にバックの中に入れていても、重さを感じない。

レビューはこちらから!

ガジェットポーチ・コスメポーチ

dripのレザースクエアポーチをガジェットポーチとして使っている。
正方形型で格好良く、外出先で必須になる周辺機器が入っている。
合わせてdripのレザーメイクポーチをコスメポーチとして使っている。
化粧水や乳液などのコスメ類を3~4日分入れた小分けボトルや、アイロンなどのヘアーセット類、歯ブラシなどが入っている。
どちらもロゴ等が無いシンプルデザインで、つい触りたくなるような肌触りの良い牛革が使われている。

レビューはこちらから!

ノートPC

SEとしてWindowsを使用していることもあり、ノートPCはMicroSoft純正でコンパクトなラップトップであるSurface Laptop Goを使用している。
持ち運ぶ際にはロゴ等が無いシンプルデザインかつ牛革が使われたdripのLeather MacBook Caseに入れており、傷が付かないようにしている。

レビューはこちらから!

着替え

着替えは無印良品のそのまま洗える衣類ケースに入れている。
衣類が入った状態でそのまま洗濯機に入れると、洗濯ネットにもなる。
私服はシンプルデザインかつ機能的かつ買い直ししやすいもので揃えた結果、UNIQLO製のものが多く、私の場合、3~4日分ならこの衣類ケースとバックに収まる。

スマホ・イヤホン・スマートウォッチ

スマホはGoogleのPixel 7 Proを使っている。
お店での支払いや書籍の閲覧、写真撮影など1つで複数の役割を担うため、持ち物を減らすことができている。
裏面にはMOFTのスマホスタンドを貼り付けており、支払いのメインになるカードを1枚入れている。
合わせてイヤホンもノイズキャンセリングが強力なGoogleのPixel Buds Pro、スマートウォッチもデザイン性に優れたPixel Watchを使っている。

レビューはこちらから!

まとめ

【2023年春版 ミニマリストのバックの中身】
drip FLOORPACK Flex
Clipa バックハンガー
drip PRESSo
drip PRESSo Holder
less is 手ぶらエコバック
G-ZERO ポケット傘
drip レザースクエアポーチ
drip レザーメイクポーチ
drip Leather MacBook Case(Surface Laptop Go)
無印良品 そのまま洗える衣類ケース(UNIQLOの服)
Google Pixel 7 Pro
Google Pixel Buds Pro
Google Pixel Watch

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました