スポンサーリンク
スポンサーリンク
モノの選び方

【これ知らないの?】後悔しないモノの選び方

モノの選び方
スポンサーリンク

後悔しないモノの選び方

結論から言うと、、、
ユーザービリティ
を考慮してモノを選ぶということになります。

ユーザービリティとは

想定された①ユーザーが、想定された②利用状況で、
想定された③目的を達成するための
システム・製品・サービスの効果・効率・満足の度合い。

要するに、、、
モノの良さは①誰が、②どこで、③何のために使うのかによって変わる
ということである。

ユーザーとは

モノを使う人のこと。
年齢・性別・身長などモノの良さに影響する様々な要因を持つ。

一般的にモノは、
平均的な(身長などの)ユーザー
を想定してつくられることが多いため、自分がそれに該当するか判断する必要がある。

利用状況とは

モノを使う場所や状態のこと。
屋内と屋外・立つと座るなどモノの良さに影響する様々な要因を持つ。

・配置する所の高さや幅に合わせて、、、
・モダンな空間にするためにモノトーンで、、、
のように、場所や状態にモノのサイズやカラーなどが適しているか判断する必要がある。

利用目的とは

モノを何のために使うのかということ。
人によって異なりモノの良さに影響する様々な要因を持つ。

モノ選びの際に考慮する当たり前品質なところ。
この利用目的(品質)が担保された上でモノが自身の特性や利用状況に適しているか判断する必要がある。

後悔しないようになるためには

モノを使っている中で、、、

①効果
見やすいなどのモノを操作する際のわかりやすさのこと。

②効率
モノを使って目的を達成するまでの時間や労力の少なさのこと。

③満足
モノを使っている際の高揚感などの感情のこと。

の3点を評価し、本当に良いモノであるかを振り返って次に活かしていこう!

まとめ

ユーザービリティでモノを選ぶ
ユーザー・利用状況・目的で判断
効果・効率・満足の観点で振り返り

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました