スポンサーリンク
スポンサーリンク
インテリア

【これ使わないの?】最適なデスク環境を構築するインテリア性のある昇降チェア HermanMiller(ハーマンミラー)セイルチェア レビュー

インテリア
スポンサーリンク

以下に該当する方におすすめ!

【誰が?(ユーザー)】
  デスクワークが多い方(全年齢・男女問わず)
【どこで?(利用状況)】
  デスク周辺(書斎・オフィス等)
【何のために?(利用目的)】
  部屋のインテリアと自分の体格に合わせてデスク作業したい

モノの紹介

今回ご紹介するのは、HermanMillerの「セイルチェア」です。

おすすめポイント①

座面に体重をかける・かけない状態で右下にあるレバーを引き上げることで、上下に42.5~52.5cmの範囲で高さを調整でき、座面の左下にあるレバーを引くことで、前後に43.0~48.0cmの範囲で奥行きを調整できる。
これらにより、座る人の体格に合わせて膝が90°に曲がった状態で足の裏が地面に着くように調整でき、デスク作業する上での最適な姿勢になる。

おすすめポイント②

アームレストの高さ調整をすることもできるため、デスク作業する上での最適な姿勢である腕の角度が90°になる状態で机の上に腕が着くようにサポートしたり、机の天板にアームレストが当たらないようにしたりできる。
座面左下のレバーを引くことで、背もたれの角度を調整したり、座面が前に5°傾くようにしたりでき、右下のノブを回せばリクライニングの硬さを調整できる。

おすすめポイント③

ウレタンフォームでできた座面は、お尻を包み込むような座り心地で、長時間座っていても疲れを感じさせないでくれる。
吊り橋をイメージした幾何学的な網目とY字ラインの背もたれは、腰や背中を支えつつ、昇降チェアは業務的な印象を与えるものが多いが、このデザインにより、部屋のインテリアとしても映えて馴染んでくれる。

サイズ・重量・バリエーション

■ サイズ・重量

サイズ(cm)重量(kg)耐荷重(kg)
43.0~48.0×73.0×89.0~99.016.8~18.1159

■ バリエーション

カラー
フレームブラック/ホワイト
ベースブラック/フォグ/ポリッシュド
背もたれブラック/ホワイト/レッド/ブルー 等
座面ブラック/グレー/レッド/ブルー 等

【HermanMiller公式ホームページ】https://hermanmiller.co.jp/

まとめ

座る人の体格に合わせて調整可
包み込まれるような座り心地
インテリア性に優れたデザイン

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました